男の自信を取り戻す情報

ED治療薬は通販サイトを使う個人輸入をする事でも購入でき、医療機関とは違うメリットが得られます。

ED治療薬を個人輸入して誰にも知られず改善

ED治療薬を個人輸入して誰にも知られず改善

男性の大きな悩みの種のED(ErectilEDysfunction)とは、勃起機能の低下(勃起障害だったり勃起不全)を意味します。今許可されているED治療薬は「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」の3種類です。「勃起に時間がかかってしまったり勃起時に満足いく硬さが得られない」「途中で抜けてしまい萎えてしまうのが悩み」「たまに勃起しない」「硬さが不十分」「勃起できなかったら不安」といった症状がEDに一番多いようです。

加齢による衰えや他にも、ストレスや生活習慣の乱れにより動脈が拡張しない事で血流が悪くなりEDに繋がるとも言われています。「この悩みを解決したい!」と思った方いらっしゃいますよね?そこで今許可されている3種類のED治療薬があり、それぞれの特徴により使い分ける事ができるんです。

また医療機関だけではなく、通販を利用して個人輸入をする事で安価に購入が可能です。数年前から徐々に知られるようになったのですが、今や多くの方が耳にしたことがあるまでに広まってきました。まずはその個人輸入についてからと、書くED治療薬の特徴、ED治療薬の作用機序などについてもご説明をしていきます。

ED治療薬の個人輸入はとてもお得

ED治療薬の個人輸入はとてもお得

インターネットを使って「海外医薬品の通販サイト」で購入するとED治療薬は医療機関で処方されるよりも安価に購入が可能です。本来であれば処方箋医薬品なので医療機関へ行けなければなりませんが、通販ならば必要ありません。個人輸入として扱われるので、「自分の責任で購入する」という事になり、処方箋が必要無くなります。

どういうことかと言うと、医療機関で処方箋医薬品を医師から処方される場合は、その責任は医師が負うことになります。しかし個人輸入で購入した場合はその責任は自身になるのです。そのため国内では処方されない薬を購入出来るという自由度は増すのですが、もし何か起きた際あくまでも自分で購入したという事になるため補償などを受ける事がとても難しくなります。そのため本当に必要であるかどうか?というのを見極める事も重要です。ED治療薬はれっきとした「医薬品」ですので、そのことは忘れずに購入および利用をして下さい。

個人輸入と通販サイト

個人輸入は自身で海外旅行からお土産を買って帰ったり、または海外のショッピングサイトなどで購入する事があてはまります。最近では色々な情報が検索できるため以前よりかは簡単になりましたが、薬や化粧品を購入する場合その数量が決まっているのです。

まずはそれを把握することと、もしもその規定を超えて購入するのであれば地方厚生局へ行き申請をしなければなりません。ED治療薬は処方箋医薬品になるため1ヶ月分以内の数量を超えるのであれば申請が必要です。それ以外にも海外の方とやりとりをするわけですから、発送が遅かったり料金を支払っても一向に連絡が取れないという場合に連絡をする場合当然その国の言語でメールを送らなければなりません。

国内では購入する機会のない製品と巡り会える一方、トラブルが起きてしまうことも考える必要があります。日本にいるとそれが当たり前に感じてしまいますが、海外のサービス業は日本に比べると大雑把なことが多いと感じるはず。もちろんネット通販でもそれは変わりないでしょう(あくまでも私の体感です)。

その煩わしさを解消してくれるのが通販サイト。個人輸入代行業者と呼ばれる企業が、自分の代わりに現地の業者との間を持ち、スムーズに買い物を助けてくれます。税関などでのて続くなども全て行ってくれるため、トラブルはかなり少なくなるはず。しかも通販サイトは日本語表記であり、困った時のサポートは日本人スタッフが行う事から自身で個人輸入をするよりも簡単にお買い物が出来るのです。人気のサイトは口コミ数も多いのでどのED治療薬を選ぼうか迷っている時の参考にもなるのでぜひそういった箇所もチェックしてみて下さい。

通販で購入するメリットとは?

ではなぜ通販による個人輸入をおすすめするのか?費用面以外にもいくつかの要素があるためです。例えば医療機関では当然待ち時間がありますよね?初診であれば仕方ないにしろ、まだ良くならずとりあえず薬だけ欲しいという状況は非常に多いと思います。

そんな時症状さえ分かっているのならば医療機関に行かなくても通販を利用すれば24時間好きな時注文出来るというメリットがあります。今では当たり前になったショッピングサイトをイメージすればすぐに理解出来るはず。あのような感じでどんな時間帯でも、どんな場所にいてもネット環境さえ整っていれば注文が出来るのです。時間を無駄に使うこと無く、休みの日も有効に使えます

医療機関へ行かないとなると「もしかしたら顔見知りの人に通院している事が知られる」という心配がありません。ネットで注文するわけなので当然です。そういう事を気にされる方であれば嬉しい点ですよね。それにパートナーに内緒でED改善を実行するという事も可能ですから喜ばれるのではないでしょうか?EDによってセックスレスに陥り、険悪な仲になってしまうのは珍しくもないので、再び良い仲を築けるきっかけにもなるでしょう。

そして肝心の費用のお話。通販でED治療薬を購入する場合、平均的な価格として1錠1200~1500円で購入出来ます。「医療機関でもらうのはやっぱりちょっと高いなあ」という方にはとてもおすすめです。一方、医療機関の場合、平均的に1錠あたり1800~2500円前後(バイアグラ、レビトラ、シアリスを含め)です。これはED治療薬の種類によって価格が若干違うのもそうですし、自由診療のため設定金額が医療機関ごとに違ったりするのであくまでも目安としてになります。

とはいえだいたいこのような価格帯が平均的なので、これを1シート(大体4錠)処方される場合、通販で購入する場合と比べると結構な差額が生じる事はお分かりでしょう。費用面がカットされるのでお得にED治療薬を利用出来るとうメリットが得られるのです。

実際に個人輸入でED治療薬を購入

実際に個人輸入でED治療薬を購入

通販ではED治療薬の海外製ジェネリックが販売されており、とても安く購入できるのでおすすめです。国内ではまだバイアグラのみしか販売の許可がされていませんが、通販を利用すればレビトラとシアリスのジェネリックも選べます。

個人輸入のメリットである国内では手に入れる事が出来ない製品でも、特に取り締まりの対象になっていなければ問題無く購入出来るのです。しかし安価で購入出来る海外製のジェネリックは、通販ではとても人気がある為、偽物も多く出回っていることがありますのでご注意下さい。

見分けるポイントは通販サイトにおける「特定商取引法の記載有無」や「パッケージ」。「成分の記載有無」や「錠剤のロゴ」をチェックしてみて下さい。また先程も触れましたが口コミの数や極端に価格が安くないか、などもポイントです。支払の時にクレジットカードが使えるかどうかも判断材料となります。優良サイトを選び、EDの改善をして楽しい生活を過ごせるようにしましょう。

ED治療薬の種類

「性行為で勃起できない」「強い刺激がないと勃起しない」といったEDの症状。また「中折れ」や「起ちにくい」「硬さが足りない」「持続力がない」なども含まれるため、一筋縄ではいきません。そういうときにこそED治療薬の出番です。現在国内では「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類がED治療薬として販売されています。

ではこれらの違いって一体何?と思われるでしょう。当然の疑問です。なぜ同じEDという病気に効果があるのに3つも種類があるのでしょう?実はそれぞれに違う特徴があるのです。その違いで使い分けができ、勃起時のペニスの硬さにも違いが出てきます。まずはバイアグラから見ていきましょう。

バイアグラとは?

バイアグラとは?

現在販売されているED治療薬で最初に発売された製品です。1998年、アメリカを皮切りに発売され瞬く間に人気となりました。その理由は今までEDの有効な治療法が無かったためです。バイアグラならば服用するだけで勃起の促進が可能となり、その手軽さと効果の高さが次第に広まり、現在もその有用性から未だ使われ続けています。

勃起力は一番高いと言えるでしょう。ED治療薬の中で一番の信頼度も高く安心感があるためです。ペニスの血流を改善し勃起への機能を補助する為に、バイアグラを服用する事で、正常な働きが出来るようになります。ただし食事による影響を最も受けやすいので、空腹時に飲むようにして下さい。それにより最大の効果が出せます。タイミングは性行為の1時間前に服用し、その後30分~1時間程度で効いてきます。持続時間は5~6時間が多いです。

レビトラとは?

レビトラとは?

レビトラは二番目に発売されたED治療薬です。バイアグラ並の勃起促進力と、食事の影響が軽減されているため、使いやすさを求める方にはおすすめです。とはいえ空腹時の際に服用した時の方が効きめが強いので、出来る限りはその時に服用したほうがいいかもしれません。有効成分のバルデナフィルはとても水に溶けやすく早い人だと15分程度で効きます。平均的には20~30分前後で効果を発揮するので、即効性の高さでは一番です。性行為直前に飲んでも間に合うので、すぐに効果を出したい方向きです。

効果としては、血流の流れを良くし勃起への補助をしてくれる働きがあると言われている薬です。硬さも出やすく挿入時間がいつもより2~3倍延長すると言われており、行為が長く続かないと感じられている方には効果的です。つまり早漏でお悩みの方はレビトラが最も適しているのです。持続時間も8~10時間程度維持出来ます。そういった意味でバイアグラの欠点を少なくしたED治療薬という言われ方をよくされているようです。

シアリスとは?

シアリスとは?

シアリスは三番目に発売された国内では最も新しいED治療薬です。有効成分のタダラフィルはブロック状の形をしており、体内で分解されにくいという特徴があります。レビトラとは反対の性質になりますね。そういうわけで性行為をする3~4時間前に服用して下さい。しかし服用する際のその時の体調により吸収の速度に1~4時間と幅がありますが平均では3時間程で効果が出てくるようです。

効果としてはバイアグラ、レビトラ同様ペニスの海綿体に血液を流し込む効果や、勃起力、持続力、硬さアップなどにも効果が出ます。またシアリスを象徴する特徴として10mgで20~24時間。20mgで最大20~36時間効果が持続します。そういった意味でゆっくり効くのがいい人、または前日に服用し次の日に備えたい方向きです。食事の影響も少ないので、あまり脂が多い料理などでなければ食後服用しても構いません。

ただし勃起時の硬さについてはバイアグラ、レビトラに慣れている方にとっては物足りないかもしれません。2つのED治療薬は急激な作用をもたらすため強い反応が出るわけであり、穏やかな作用のシアリスはごく自然な勃起状態として現れます。普段していたような、あるいはそれより少し硬度が増したかくらいをイメージすれば分かりやすいでしょう。

EDの症状

EDの症状

EDの症状にはいくつかのタイプがあります。それぞれの原因、解決方法は違うのできちんと把握することがEDを改善する一歩となるでしょう。ただED治療薬を使うことによりどのタイプも改善が見込めます。まずはどういったタイプがあるのかを説明していきましょう。

器質性EDとは?

別名、器質性勃起不全とも言います。中高年の方にもっとも多いEDに多い「器質性ED」。その中にも2種類あります。「血管に問題がある」場合。原因は「加齢」「喫煙」「飲酒」「生活習慣病」「肥満」「暴飲暴食」などにより血管が硬くなり血流が悪くなるためです。

もう1つは「神経に問題がある」場合が挙げられます。勃起するには性的な刺激を脳から陰茎に伝達する事で起こるのですが神経伝達に問題が発生するとEDになります。つまり神経が正常でなければどんなに健康な血管でも勃起は起こらないのです。神経には、中枢神経と、脊髄神経、末梢神経の三つがあり、脳が性的な刺激を受けると、三つ神経を通って陰茎に信号を送ります。信号が届くと筋肉がゆるみ血管が拡張する事で、多量の血液が陰茎海綿体に流れ込むという仕組みです。そういった意味で神経の働きも非常に重要と言えます。

心因性ED

心理的原因や精神的要因が原因から起きるEDを心因性EDと呼んでいます。「朝立ちもするし、身体の機能に問題ないのに十分にセックスができない」と悩んだ時には心因性EDの可能性が高いとも言えますね。「原因は何?」と感じた方、例えば日々生活している中での過労やストレス。または不安だったりプレッシャーがあったりしませんか?

また「セックスをうまくやらなきゃ」という焦りから失敗してしまいトラウマになってしまった事がある。考えれば考える程、悪循環となり怖くなってくるでしょう。それが続くとホルモン分泌も減り性欲も精力も落ちてしまうことさえあるようです。また幼少期から抱えているトラウマやコンプレックスも心因性EDの一因になることがあり、こちらの方が解決は難しいと言われています。

混合性ED

器質性EDと心因性EDの両者が絡み合い混じってしまった状態を混合性EDと言います。現代ではこの混合性が原因な事が一番多い割合のようです。心のケアと身体の治療を同時に行わなければならないため器質性、心因性単体よりも改善は難しいです。少しばかり厄介な症状と言えるでしょう。

「勃起するのに時間がかかり気にしすぎてしまう」という緊張からの不安や、過去のセックスで失敗してしまった事がトラウマになえい精神的に不安定な事と、身体的な疾患が原因である「血管の異常」や「神経系の異常」がリンクしています。片方だけを改善してももう片方がまだ残っている状態です。そのため血管拡張作用と、使う事で精神的な余裕が生まれやすくなるED治療薬を使えば、今まで治療が難しかった混合性EDの治療もかなり楽になってきたといえるので積極的に活用してみて下さい。

ジェネリックについて

ジェネリックについて

近年よく聞くようになったジェネリック(ジェネリック医薬品、後発薬とも)。先発医薬品(新薬、ここではバイアグラなど)は、開発や審査に多大な経費がかかっていましたが、新薬の使用実績を元にし開発されるため、開発費用や開発期間が大幅にカット出来ます。そういった膨大なコストが無くなるため新薬よりも安く提供されているのです。国内でも医療費削減のため推進され始めています。

先発薬との違い

実は新薬との違いは形状・味・色が変わる事はあるのですが、有効成分や含有量は同じで効き目や安全性もほぼ変わりません。添加物やコーティング剤、製造方法の違いによる差があり、その点で新薬よりも効きづらいという方もいらっしゃいます。とはいえほとんど同じものと捉えてもらっても構いません。

ちなみにジェネリックの製造は新薬の特許が切れなければ製造が出来ないので、まずはここをクリアしなければ開発も研究も出来ません。例えばバイアグラであればファイザー製薬のみが販売できる、という事です。その特許は20年で切れるためそれ以降より他社も有効成分を使えるのでジェネリックの製造が出来ます。

さらに厚生労働省の厳しい審査を通らなくては販売が出来ません。そういった意味で非常に信頼性、品質、ともにクオリティが高いのです。日本はかなり薬に関しての基準が厳しいと言われているので安心して使う事が出来るでしょう(他国の薬が粗悪であるということではありません)。なにより低価格ですから、ジェネリックの選択は費用を抑える上でとても役立ちます。

個人輸入でしか購入出来ないジェネリック

ジェネリックは海外の方が主流です。日本ではまだその普及がようやく始まったといえる段階なのでまだイメージ的にも新薬のほうが優れていると捉えられるのでしょう。それはさておき、もちろんED治療薬にもジェネリックがございます。国内では唯一バイアグラのジェネリックが処方されています。1錠1000なのでバイアグラ自体と比較すると安価ではあります。しかしまだ高いですよね・

そういう不満を解決するには通販による個人輸入でしか購入出来ない海外製のジェネリックを選択すればいいのです。とても驚くような価格で販売されており、しかもその効果は新薬とも引けを取りません。実は通販で人気の製品は新薬ではなく海外製のジェネリックの方が高いという話があります。バイアグラ、レビトラ、シアリスとも海外製のジェネリックがありますがそれについては別ページでご紹介致します。

ED治療薬は保険が効きません

ED治療薬は保険が効きません

ED治療およびED治療薬には保険が適用されません。その理由は早急に対処しなければ命にかかわる、といった病気ではないためです。EDの方にとっては必要不可欠なレベルなのですが、日常生活を送る上では特に支障がなく、あくまでも生活の質を向上させるためのものという扱いになってしまうため適用されていません。

そしてED治療薬には薬価基準がないため、各医療機関その料金体系はバラバラ。とはいえ平均的な価格はバイアグラであれば1錠1800~2000円とさらに他にも様々な料金が発生します。初診料や診察料、処方料、調剤料など医療機関によって変わりますが結構な料金が加算されるので1回で10000円程度かかる事もあるようです。さらに移動のための時間や交通費も必要になるかもしれません。

そういった事も加味すれば通販による個人輸入でED治療薬を購入した方が費用の節約、時間を無駄にしないので色々と捗ると思います。今まで仕方なく医療機関へ行かなければならなかった、と不満を抱いていた方はぜひとも一度は通販を利用するべきです。

とはいえもちろん医療機関にしかない良いところもあります。アドバイスや、より詳しくEDの原因を探ってくれたり、ED治療薬についての説明も自身で調べるよりもはるかに分かりやすいと言った点です。通販による個人輸入、医療機関の選択はどちらも一長一短ありますのでそれを見極める事も非常に重要なのではないでしょうか?

精力剤とED治療薬の違い

ED治療薬はあくまでも勃起をサポートする薬です。なんらかの原因によって勃起に支障をきたした場合、そのメカニズムを正していくという効果があります。そのため性欲を増やしたり精力増強させるという効果は持っていないのです。「えっ?一緒じゃないの?」と思われている方は未だに多いのではないでしょうか?いわゆる精力剤というものは性機能を増強させる薬です。その中で強精剤と強壮剤に分ける事が出来るので簡単に説明をしてみましょう。混同されがちなのですが定義が違うようです。ただどちらも「加齢」「血流低下」「ストレス」などによる血流の悪さを促進させ、「精力の減退を改善」が目的です。

強精剤とは?

明確にこれ、といったものはないですが基本的には医薬品に分類されるものを強精剤と呼ぶことが多いようです。男性ホルモン分泌の低下により、そもそも性欲が少ない方に用いる「ホルモン剤」も強精剤にあてはまります。テストステロンを補充することによって少なくなっていた性欲をよみがえらせるのです。

「天然のバイアグラ」とも呼ばれているヨヒンビンも強精剤として定義されるのではないでしょうか?ヨヒンベというアフリカ原産の植物から抽出される成分です。ED治療薬と同じように血管拡張作用を持っており強い勃起促進作用を持っています。器質性にも心因性にも使えるため効果は間違いないといえるでしょう。ただ劇薬指定されている成分で、副作用も出やすいことで知られています。吐き気や嘔吐、胃痛などが起きてしまうので十分に使い方を注意しなければなりません。

また日本では劇薬指定ですが海外ではダイエットサプリに良く配合されていたり、ヨヒンビンそのもののサプリが販売されていたりとかなり緩いです。個人輸入して購入するのもいいのですがその際は十分に使い方に注意しなければなりません。

強壮剤とは?

こちらは主に健康食品にあてはまり、精力だけではなく体を健康にするという効果のあるものがそう呼ばれています。滋養強壮剤という呼び方も馴染みがありますね。マカ、トンカットアリ、ムイラプアマなどが特に有名です。これらは豊富なアミノ酸やビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸などを含んでおり疲労回復にも効果があります。

血流の改善にも期待できるので勃起促進作用にも影響があると思います。精子の量を増やす亜鉛やホルモン分泌の向上につながるアルギニンなども多く含まれているので、精力増強を可能にするのです。その他はニンニクなどもそうですし、冬虫夏草、朝鮮人参、スッポン、マムシ、といったものが強壮剤に分類されるのではないでしょうか?単体でも使用はされますが、多くはこれらを原料にしいくつかブレンド。サプリや錠剤など飲みやすい形で販売されています。

ED治療薬は性欲が無ければ作用しない

ED治療薬は性的興奮を感じなければ効果が発現しません。いくら血流が改善されたり勃起状態を鎮める酵素を抑制出来たとしてもスタートである興奮が無ければ全く意味が無いものになってしまいます。そういた意味では精力剤を使い、性欲を湧き上がらせる事は再び勃起をするためには有効だと言えるでしょう。

男性ホルモンの分泌が少なくなることもEDの原因になりますのでこういったものを使えば性的興奮を再び感じられるようになります。また男性機能だけではなく体そのものも健康にしてくれます。疲れが溜まっていたらなかなかそういう気も起きないですよね?それによりセックスとは疎遠になっているのであれば一緒に使って見る価値はあると思います。

最近では一昔前のようにアダルトショップのように行きにくい場所ではなく、薬局やコンビニでも販売されています。手軽に買えるようになったので興味があれば一度お試しするのもいいかもしれません。通販サイトにも亜鉛のサプリや滋養強壮に良いサプリが販売されてるので、ED治療薬と一緒に購入すると良い効果が得られるかもしれませんよ?

ED治療薬でストレスの無い生活を

ED治療薬でストレスの無い生活を

最後のまとめになりますが、何はともあれEDになった場合はまずED治療薬を使い治療を行いましょう。それにより劇的な変化が起きます。多くの方によりそれは報告されていますので、ED治療薬は信頼性・実績が高いので安心して使用して下さい。また日本にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がありますので自分に合うものを見つければより早くEDの改善が出来る事でしょう。

また個人輸入(通販サイトの利用)をする事で医療機関よりも安く手に入れられます。最近ではこの方法を利用される方が増えました。ただ偽物を扱う通販サイトもあるので信頼出来る通販サイトを見つけ、よりお得に利用していきましょう。ジェネリックを選択することでもいろいろな面で捗ります。EDの治療は今や当たり前の事になりました。もしも発症しても怖くはありません。ED治療薬を正しく使って楽しいナイトライフを再び送れるように頑張っていきましょう!