男の自信を取り戻す情報

EDの原因と症状を知り適切な治療を

EDはどういう病気なのか?

EDはどういう病気なのか?

EDとは勃起不全や勃起障害の事を表しています。例えば「最近満足にセックスができていない」「性交時勃起しない」「硬さが足りなかった」なんて事ありませんか?実は今日本人にとても増えているのです。理由は男性ホルモンの分泌が減ってしまっていたり、血管の障害からきています。勃起させるには、実は脳や神経、血管と連動して機能させているのです。もし1つでも障害が起きてしまうと、たちまち血流の流れが悪くなり、勃起の維持できなくなってしまうのです。

EDに至る原因

問題を起こしてしまう原因は4つあると考えられています。 それぞれについて簡単なご説明を行っていきます。

心因性EDについて

心因性EDとは、日々の精神的ストレスや経験時のトラウマ、うまくやらなきゃというプレッシャーなどで心理的な部分から血流を悪くさせてしまい、勃起への影響が出てしまう症状です。性格も少し関係してきますが、文字通り考えれば考えるほど悪循環に陥り、真面目な人ほどなりやすいといわれています。

器質性EDについて

器質性EDとは、加齢や病気、脳や神経に問題があることで脳からの指示が陰茎まで伝わらないことや、生活習慣病や糖尿病から血液の流れが悪くなることで勃起することができなくなる症状です。勃起は陰茎部の陰茎海綿体という袋状の組織に血液が充満することで起こる反応のため、勃起と血管(血流)は大切な関係であると言えます。もし血管になにか問題が起こると血流の流れが悪くなり、ペニスへの血流も悪くなることで勃起しずらくなってしまいます。

生活習慣病(高血圧、糖尿病、糖質異常症)は加齢とともに動脈硬化を加速させる要因になります。このことから器質系EDの場合は、ほとんど加齢や生活習慣病などによる動脈の老化(硬化)が原因と言われています。

誰もが加齢にともない性欲や機能は低下します。男性ホルモンの分泌も若い頃より低下するため当然なのですが、それを少しでも防ぐためには生活環境を見直しや、食事に気を付けるべきでしょう。意外かもしれませんが、玉ねぎはテストステロン(男性ホルモンの1つ)の生成を促してくれるそうです。

混合性EDについて

混合性EDは「器質性」「心因性」の両方が原因で起こるため、複数の理由がありとても原因を特定しにくいです。「糖尿病」「高血圧」「肝機能に障害」が原因で、血管や神経、ホルモンが正しく働かずに起こってしまう場合もあります。

薬剤性EDについて

薬剤性勃起障害は脳の神経を鎮める効果がある「ホルモン剤」や「抗うつ薬」や「睡眠薬」といった神経に作用する薬の服用によりEDの症状が起こります。薬を飲み始めてから、いまいち反応が悪くなったという方は、もしかしたら服用した薬が原因でEDの症状が起きている可能性が高いといえます。 

EDになると起こる症状

EDになると起こる症状

代表的なのは勃起の維持ができない、硬さに満足できない、中折れしてしまうなどです。症状も軽度、中度、重度に分けられるのでその状態で起こる症状を簡単に説明致します。

  • 軽度(性行為が稀にできないレベル)
  • 勃起はするのに満足する性行為ができない。最初は勃起をするが持続してくれない。このように軽度の内容からEDの症状を見過ごされてる人が多いです。
  • 中度(性行為が頻繁にできないレベル)
  • 勃起時の時間が短くなってしまったり、たまに勃起ができなくなる。満足する硬さがでない。
  • 重度(性行為が常にできないレベル)
  • 勃起ができない。自慰行為もできない。ペニスが全く硬くならない。挿入できない。  

EDを改善する方法

EDを改善する方法ですが、不規則な生活リズム、運動不足、喫煙といった内容は動脈硬化へと繋がり好ましくありません。生活習慣の改善を心掛けるようにしましょう。薬を服用しての改善方法ですと、知名度の高いバイアグラレビトラシアリスといった治療薬があります。

医療機関で診察をしてもらうことで処方していただけます。ただし、必要な時に何度も薬を処方してもらわなければいけませんので手間がかかってしまいます。ただし、個人輸入業者が行っている通販サイトであれば診察の手間なく購入することもできます